ブログトップ

真夜中に踊るシケ

shike.exblog.jp

生存報告

カテゴリ:F1( 23 )

http://www.williamsf1.com/#

ウィリアムズチームから、来期ドライバーラインナップがが発表され
ニコ・ロズベルグ(こっちはほぼ鉄板?)と中嶋一貴の二人が決定したとのこと。

やっぱり、最終戦ブラジルGPでミスはあったもののいい走りを見せてたのが
アピールになってたんだろうなぁ。
チームは「カズキのテストじゃないヨ」とか言ってたけど、チャンスで力を見せれば
それなりの評価を受けるわけで。

何はともあれ、おめでとう!中嶋一貴。
今シーズンの結果からすれば優勝は運の要素が必要だけど、
表彰台ならなんとか実力で勝ち取れるかもしれない良いマシンを手に入れただけに
かなり期待できそうで、したいし、されるだろう。

うまくいけば、来年のメルボルンでは3人もの日本人ドライバーがグリッドに顔をそろえることに。
その時、なんとなく中嶋が一番前に居そうだけど・・・

にしても、琢磨と左近の契約はどうなってんだろう。
琢磨はスーパーアグリの顔でもあるからほぼ間違いないだろうけど
左近は・・・実績云々よりも、チームの金の出所が変わっただけに結構危ういんじゃなかろうか。
無事、メルボルンに現れてくれればいいけど・・・
[PR]
by shikeya | 2007-11-07 20:56 | F1
ルノーが本格的に表立ってアロンソ獲得に動き出した模様。

ルノーとしてはせっかく出てきた(出戻ってきそうな)元チャンピオンに
高い金を払った挙句、1年で放出したりしたら旨みがないだろうから
複数年契約を希望してるらしいけど、
逆にアロンソも次の狙いはフェラーリ?なのに今年あの成績のルノーに
長期拘束されると本格的にタイトルが遠のいてしまう可能性もあって嫌だろう。

とか朝書書きかけで放置してたら、レッドブルにはレッドブルなりの良さがあったり、
ハミルトンがチームメイトを指名しだしたりとかで
ストーブリーグが大炎上し始めた模様。
ちなみにこの指名した相手は、
ニコ・ロズベルグ、エイドリアン・スーティル、ヘイキ・コバライネンの3人。
ウィリアムズ、スパイカー、ルノーの3人だけど、
ロズベルグとコバライネンの場合はトレードなんて可能性もありそうで面白そう。
でも、ロズベルグはウィリアムズが離しそうも無い感じだし、
実際手放すのは勿体無い才能。
コバライネンにしても、ルノーとしては手放すのは勿体無い逸材だと思うけど・・・

いずれにしても、はやいところ空いてる(ひょっとしたら既に埋まってる)シートのどこかに
アロンソが座ってくれないと周りも動きが決まらなさそう。

こうなってくると、元チャンピオンの肩書きが重いなぁ・・・

フェラーリとかからすれば、好きにしてくれって感じだろうけどw
[PR]
by shikeya | 2007-11-05 22:12 | F1
ライコネン優勝!!

マッサがスタートでハミルトンを押さえたのが最初の1歩。
次はハミルトンの謎のギヤトラブル。
最後は2回目のピット直前の鬼神のような走り。
あれこそはチャンピオンに相応しい走りだったと思う。

色々あったけどドライバーズタイトルに関しては最高のシーズンでした。

来年はもっと、激しくなるといいなぁ。
主に、BMWとザウバーのLvUPによって。
トップのLvが下がるのはいただけないから。
[PR]
by shikeya | 2007-10-22 02:59 | F1
昨日の祈りも空しく、土曜日は雨天。
昼頃にシャトルバスに乗っかって出撃したものの、
なぜか帰ってくる人が・・・・

???と思いつつ行って見ると、
どうやら濃霧のためメディカルヘリが飛べないという理由で
午前のフリー走行が中断された上にほとんど走らなかった模様。

一応、雨は小降りだったので霧が晴れるのを期待しつつ
昨日下見したショップでグッズを買いあさる。

昨年モデルのスーパーアグリのチームTシャツ、キャップ、
一応今年モデルだかなんだかよくわからんアグリTシャツ。
あとトヨタのヒップバッグ。

と、職場用の土産。

で、なんとか霧は晴れて無事予選が行われ。
アグリはQ1でノックアウト、トヨタもQ2でつるりんがノックアウト、
Q2突破したのにQ2のラストでラルフはクラッシュ。
イマイチ期待した感じにはならなかったものの、
トロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルがなんと9番手。
ロズベルグが10番降格ペナルティあるので4列目に並べる大快挙。
ケツから数えた方が速いチームなのに、なかなかのサプライズ。
トップ陣営は終盤までアロンソトップだったものの、
ラストアタックでハミルトンがトップを奪った。
なんとなく、観客席も沸いてみたりしてた。
これでも他国開催時に比べれば大人しいだろうなぁ・・・とは思ったけど。
でも実際、見ててハミルトンだけは最終コーナーのラインが違う。
他人と同じことやってて勝てるわけ無いってのを見せ付けてくれた。

その後、ポルシェカレラカップも順調に行われてスピン、
クラッシュ、コースアウトなどの波乱とドンドン濃くなる
霧なんかのハプニングもあって、
なかなか楽しめた。
e0067354_0444361.jpg



で、帰りは昨日空いてたからって油断してたらこんなん。
e0067354_0442161.jpg


バス待ち105分。
そのうち雨まで降ってきて、さすがに風邪ひきそうになった。

明日は天気よくなって・・・・くれそうにないので防寒装備でいこう・・・
[PR]
by shikeya | 2007-09-30 00:45 | F1
行ってきましたF1日本GPin富士スピードウェイ

e0067354_234891.jpg


e0067354_2342789.jpg


金曜日ということもあり、人は少なめと思われるものの
それでも結構な混雑。

そして初めて聞くF1生音。
いや、最強。
イメージの数倍の爆音が、まるで地鳴りのように響き渡る。
みんながそれなりに空けて走っているフリー走行にもかかわらず
圧倒的な音とスピードでした。

席は最終コーナーで、グランツーリスモでもどうも走り方に悩む場所。
最初はみんな早い段階からクリッピングポイントについてしまい、
アクセル開けてからもう1段階曲がらないといけないような
動きをしてたのが、
中盤以降大きく外から回りこんで、
クリッピングポイントをコーナーの一番奥に、
アクセルONの段階から大きく方向転換しなくていい
走り方をするドライバーが出てきて、
最終的に多くのドライバーがそのラインを走ってたりとか。
未知のサーキットだからこその楽しみかなーと思った。

その後のポルシェカレラカップ(予選)も意外と面白くて
1台エンジンブローしてみたり、意外と速くて迫力あったり、
ドライバーの腕が如実に現れたりとなかなか楽しませてもらえた。

ということで本日はF1予選とカレラカップの決勝(1)に
期待していこうかという日になりそう。

ただ問題は、これ書いてる現時点で雨が降ってきたこと。

当日は降らないで欲しいんだけどな・・・
[PR]
by shikeya | 2007-09-29 02:35 | F1
いやー、ライコネンすばらしい。

ハミルトンが、今回初めてミスらしいミスをしたこともあるけど、
そのミスを誘ったのも直前のライコネンのアタックによるものだと思う。

力の使いどころをうまく見極めてる感じがいいね。

てな状況にもかかわらず、デビュー以来連続表彰台記録を
9に伸ばしたハミルトンは・・・・なんとも可愛げが無い奴だ。

アロンソは、ねぇ。
最近のアロンソは面白くないねぇ
イチイチ、ハミルトンを気にした動きをしてるし
もっと自分に集中して欲しいと思うんだけど、どうなるやら。

え~と、あとマッサ?
今回は不運だったけどまぁ、ピットスタートから5位なら及第点か。

選手権としてはますます面白くなってきていいことだ。



な~んて書いてたらF日本のニュースやってたが。
トレルイエ大クラッシュとかいうから見てみたら、ほんとにコクピットしか残ってねぇでやんの。
縦回転はしてなさそうだから大丈夫だと思うけど、ひでーもんだなぁ。
無事だといいんだけど。

最近の悩み
[PR]
by shikeya | 2007-07-09 01:39 | F1
なんというか、ハミルトンが速い。
というかフェラーリが遅い。

北米2連戦でハミルトンが2連勝して
連続表彰台記録も更新したのは実にめでたいことであり、
その歴史的瞬間を目にできることはとても楽しいことではあるけども。

アロンソがちょっとふがいなく映ってしまうこの現状はどうなんだ
このところ、ハミルトンに対し結果で明らかな負けを突きつけられ
ポイントレースでも10ポイントもの差をつけられて。
イライラしてる感じがいろんなインタビューから見受けられたけど
自分を取り戻してくれないと
このままズルズルとハミルトンに置いていかれそう・・・

こんなところで破滅はして欲しくないから頑張って欲しいんだけど・・・


もっと問題は、フェラーリの二人が遅い。
マクラーレンが速いのは確かだけど、
周囲の状況を見るにどうもフェラーリが遅れをとっているのは
マクラーレンが速すぎるというよりも、フェラーリが遅いような。
カナダの状態からするとアメリカでのこの結果は
ある程度予想はついたからしょうがないにしても
この先、ヨーロッパラウンドでは速さを取り戻してくれることを期待しよう・・・
[PR]
by shikeya | 2007-06-19 01:29 | F1
あっという間に第3戦、バーレーン。
赤と銀の対決が盛り上がり増してきて
今回も赤銀入り乱れた最前列。

前節マレーシアの汚名を雪ぐマッサの走りは狙い通り
作戦がバッチリ決まったようでポールトゥウィン。
ライコネンはイマイチぱっとしなくても堅実に3位。

アロンソの調子が悪くてもハミルトンは相変わらずの安定感。
ほんとにデビュー3戦目か?と思えるくらいのスピードとミスの無さ。
オンボード映像見てたら、なんとなくだけどコーナー立ち上がりの
アクセルワークが凄く繊細で滑らかな感じがした。
デビューが@1年早くてミハエルのいる時代に走ってたら・・・
と、タラレバ言うとキリがないか。

表彰台がずっと赤銀だけど、今回はBMWザウバーが調子悪いとはいえ
去年の覇者アロンソをコース上でパスするとか、
そろそろ楔が打ち込まれそうな感じになってきたのが
さらに面白くなりそう。

・・・他に何か書こうと思ってたんだけど
なんだったか・・・
思い出したら書き足すか・・・

そのままぼーっと。
[PR]
by shikeya | 2007-04-16 02:51 | F1
片山右京さんに一言

汚名挽回はやめよう?
[PR]
by shikeya | 2007-04-15 02:27 | F1
今更だけどちょこちょこっとメモを。

マッサは焦りすぎに見えたけど、
そのマッサを焦らせるだけのスペックを確保した
マクラーレンの勝利ってとこか・・・

マクラーレンミカ・ハッキネンの引退以来
信頼性不足による勝てない状況が続いてたけど
今年の状況を見ると、かなりの信頼性を確保してきた感じ。

そもそも、圧倒的な強さを誇った(過去形なのはなんか悲しいけど)
フェラーリ帝国も、もとは「速いけど、そのうち壊れるだろ」だったチーム。
ミハエルの加入から信頼性の確保に取り組んだ結果が
基本的に壊れない、壊れてもミハエルがなんとかする
といったフェラーリ帝国を支えてたンじゃないかと思う。

マクラーレンにしても、ここ数年はともかくとしても
速い車を作れるチームだったわけで。
信頼性さえ上がればこうなるのか、と思わせてくれたのが
今回のセパンのレースだった。

ま、この調子でがっぷり四つに組んで激しく競り合ってもらいたいもんだ。

希望を言うなら、コンストラクターズはマクラーレンで
ドライバーズはライコネン、ってとこかな
マッサでもいいけど。

とりあえず、今年も熱くなりそうです。
(セパンじゃ路面も熱かったらしい・・・
 60度とか、温泉タマゴならぬアスファルトタマゴができそう・・・



あと、日本GPのチケット抽選申し込みしたけど
カードの限度額超えることが判明。
しかも第二希望から。
一応増額申請は出したけど、通るもんかねぇ・・・
そこそこ使ってて、支払いが滞った事は1度も無いはずだが。
年収の10%程度の限度額設定を許容してもらえるもんなのか・・・


そして、F1日記と化すこのブログ。
どうせみてる人も1桁だしどうでもいいか。
[PR]
by shikeya | 2007-04-11 01:12 | F1